5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【感性】無職の読書2【教養】

1 :ばんば:04/02/29 01:44 ID:Auaz7YPa
前スレがdat落ちしましたんで懲りずに建てました。結構スレ伸びてたのに残念。
純文学もオカルトも哲学も私小説もエッセイもSFも漫画も何でもアリってことで


2 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 01:46 ID:9BumGRBA
新スレありがとうございます

3 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/02/29 01:48 ID:Znwtiv8r
( ヽ´Д`) 今度はこまめに保守心がけます。

4 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 01:57 ID:9BumGRBA
お突かれ様です

5 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 02:21 ID:rGzyeSyT
不思議の科学 森田健著
これすごいらしいぞ

6 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 02:23 ID:Bakw76AH
家畜人ヤプーとか

7 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 02:33 ID:gpfMhGto
罪と罰とか読んで、インテリぶろうぜ。

8 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 02:46 ID:mbYIxqjH
構造と力 浅田 彰

9 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 02:46 ID:VXUK9fzW
学問のすすめ 無職とかそーいうの関係なく読むといい

10 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/02/29 04:10 ID:Znwtiv8r
>>7
( ヽ´Д`) 罪と罰、おれにぴったりな題名だな。長編で途中で挫折。

筒井康隆が好き。「夢の気坂分岐点」←コレオススメ。現代社会の病理を厭世的に描いてる。
「旅のラゴス」←ファンタジーの傑作「虚人たち」常識を覆す純文学?「大いなる助走」←文学を目指してるのなら
「人間皆病気」←各作家のエッセイ集 初期のスラップスティックも勿論好きだけどね。

厭世的な青年が自我と葛藤していく作品でお勧めないかな?

厭世漫画ならつげ義春だね。

11 :名無しさん@毎日が日曜日:04/02/29 04:14 ID:GVKH5wDz
スポニチ

12 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/01 05:19 ID:bNoufxKi
最後の親鸞 吉本隆明  coolです

>>10
ジョルジュ・シムノンの「男の首」(創元推理文庫)
擬似ラスコーリニコフみたいな男が登場します。
主役ではなく敵役なので、
端から見た厭世的な青年の滑稽さがよくわかります。

筒井康隆は著作の半分くらい読みました。
そこでパワーダウン(w

13 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/01 05:40 ID:bNoufxKi
いましろたかしの「ハード・コア 平成地獄ブラザーズ」もかなりの厭世漫画

14 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/02 04:36 ID:KlaClZQO
>>1
乙!

15 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/05 02:05 ID:mGnVYr+r
>>10
サンクスです。早速図書館で借りて見ます。つーかあるかな。

16 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/08 02:06 ID:4iRBj6/N
( ヽ´Д`) 漫画ですが「かっこいいスキヤキ」泉昌之
      馬鹿馬鹿しくて面白い。

17 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/08 02:08 ID:fFHdujXf
>>6
家畜人ヤプーは初めは面白いが話がマンネリ化するし、長いしで途中で飽きた。

18 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/08 02:13 ID:t6W0Vtz4
活字狂想曲 倉坂鬼一郎 幻冬舎文庫

マジ面白い!!
本気で!

ウォルフレンも佐高信も俺たちをすっくちゃくれないが
これを読めば何かが分かる、そして変わる。

19 :もはや脱穀機w:04/03/08 02:21 ID:X/l8WFZp
もはや脱穀機w

20 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/08 03:28 ID:fFHdujXf
何?

21 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/08 03:55 ID:m5xWTikd
パタイユのエロ。

22 :やっちゃん:04/03/08 04:10 ID:ZsdwY4OE
聖書 原因と結果の法則 受験勉強はするな 数学の教科書 理科の教科書 国語辞典 コンピュータ辞典 前向き週間 哲学 罪と罰英訳版

23 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/10 06:21 ID:n7tMTJ/M
>>1
乙!

24 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/11 12:52 ID:zgp+De+l
13才のハローワークは意外に面白いね。

25 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/11 17:49 ID:AwU93VK3
>>9
学問のすすめ読みたいけど難しくて読めないす
無理して読んでるうちに読みなれてきたりしますかね?

26 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/11 18:11 ID:L2GNa04c
>>24
・・・・・・なんか悲壮感が募るわけだが

27 :みゆきたん ◆triJDp8lE2 :04/03/13 18:48 ID:DGsEgJFS
またお邪魔して良いですか?


28 :みゆきたん ◆triJDp8lE2 :04/03/13 18:53 ID:DGsEgJFS
とりあえず、一冊。
「リアルということ」中沢新一

29 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/15 21:56 ID:0vHs10aQ
アゴタ・クリストフの悪童日記3部作を読んだのは工房の頃だっけな・・・?

30 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/16 18:47 ID:E2XbuJ+a
あげ

31 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/17 10:33 ID:qNBSsoEe
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
親切・丁寧をいつも心掛けているキャッシング・サービス

ご融資・お支払い担当は女性STAFFですので、気軽に
何でもご相談ください。他社で断られてしまった方・失業中
の方・アルバイトの方も希望額ご融資出来るよう努力します。

金利は法定金利内・支払いは月1回利息だけで大丈夫です。
http://2314.fem.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


32 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/17 15:24 ID:eaZwqDlx
ダメ人間が読むなら、車屋長吉だろうな。

33 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 02:15 ID:od76i4wY
あげ

34 :害虫 ◆cqXRhIk1Zg :04/03/19 02:18 ID:cS9Eu3tB
原田宗典の「19、20」
読んでる

35 :暇潰し ◆CpY4Resad6 :04/03/19 02:23 ID:pza0DSVH
筒井康隆といったら、世にも奇妙な物語のネタにもなった「おれに関する噂」がいい。
無名のサラリーマンがある日突然、あらゆるマスコミに追いかけられる話。
2chを使えばこの奇妙な世界は比較的簡単に実現できる。


36 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 02:24 ID:od76i4wY
>>19
それ19、20の頃読んだな
憶えてないけど面白かったような気がする


37 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 04:28 ID:eP0QjSil
ガルシア・マルケスの百年の孤独

38 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 04:59 ID:xfKjF5k+
>>37
良い?ちょっと気になってた。ノーベル賞取ってたよね。
ラテンアメリカ文学ってどんな感じですか?

39 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 06:05 ID:hlI23PEt
お前ら技術本読め!!!!!
無職脱出しろ

40 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 08:15 ID:eP0QjSil
>>38
土着の伝承、神話なんかの幻想と生臭い現実が、うまいこと交じり合って、
ほんとカオスって感じ。
読んでると、なーんか薬でもやってんじゃないかいってな感じになる。
短編集のエレンディラもお勧め。

41 :駄目お水 ◆.OyvAAlR4g :04/03/19 20:01 ID:igC7R+/w
>>6さん
「家畜人ヤプー」は工坊の頃読みました。
でも、難しくて理解不能・・・(´・ω・‘)ショボーン・・・。

最近読んだのは「戦闘妖精雪風」、「終戦のローレライ」、それから
「J ships」(←単に眺めただけとも言う(苦笑))


42 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/19 20:17 ID:i8gtY+uR
ライトノベルでお勧めありませんかな?
「猫の地球儀」って「本の雑誌」読んだら評価されてたけど。

43 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/19 21:51 ID:H1OBmUgR
>>40
レスどうもです〜。今度、本屋行ったとき買ってみようと思う。

44 :みゆきたん ◆triJDp8lE2 :04/03/21 16:00 ID:QP5VN7sd
カフカの「流刑地にて」も好きなのでつ。。。

ガルシア=マルケスは沢山邦訳されてるのでお奨め。
「百年の孤独」は昔話チックでいいのでつ。世代を超えて同じ名の人物が
沢山でてくるので勘違いすることもあるけどw

あと、ノーベル文学賞作家だと、エリアス=カネッティーもお奨めです。

45 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/22 13:31 ID:XEOhYNqH
フィリップ・K・ディック『暗闇のスキャナー』
山形浩生訳/創元SF文庫 800円

とても良い。

46 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/23 19:13 ID:ry4aTbVP
田山花袋の田舎教師を読んでいる途中だけど、
周りの友達が夢を持って生きているのって、かなり羨ましいよね・・・

47 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/23 21:26 ID:E82RZSAt
「アホでマヌケなアメリカ白人」
「おい、ブッシュ、世界を返せ!」マイケル・ムーア

48 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/23 21:28 ID:x/I/vfap
”リビングヒストリー”
ヒラリー・ロダム・クリントン
鼻息の荒い人だわ、、、

49 :たほいや:04/03/23 22:00 ID:uNrlek2A
山月記 臆病な自尊心と尊大な羞恥心
オマエラ虎になるなよ

というスレが昔あった。

50 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/23 22:36 ID:jNb+BcvX
>>49
虎になるだけの煩悶もプライドもないなあ

51 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/23 22:38 ID:x/I/vfap
んだ

52 :Miss.M ◆triJDp8lE2 :04/03/24 21:37 ID:8woaWZXL
無事だったんだね♪


53 :みゆきたん ◆triJDp8lE2 :04/03/24 21:40 ID:8woaWZXL
>>52
誤爆ですた。スマソ。。。


54 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/26 22:38 ID:LY15V/tu
hosyu age

55 :やっちゃん:04/03/26 22:52 ID:t82/ANBz
無の思想

空と無我

56 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/26 23:33 ID:8h6eTuhP
>>48
面白い?

57 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 00:08 ID:jsSftoVZ
生まれた時から「妖怪」だった 水木しげる
なんか駄目なんだか凄いんだかわかんない。
非常識の塊
でも、やりたいように生きつつ世をするーっと
乗り越える水木サンってやっぱりいろんな意味で目が離せません
そしてうらやましい!


58 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 09:14 ID:v/6gKhsS
>>57
漏れも水木ファンなんでそれ読みます

59 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 09:17 ID:OSLCKRdS
ドストエフスキーよりスタンダールのほうがいいよね。
赤と黒サイコー!

60 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 10:16 ID:hHBZH3tP
以外にまだ出てない
「ライ麦畑でつかまえて」
野村翻訳作品のほう

61 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 11:13 ID:VJPcEug2
サリンジャーなら、シーモア、フラニーとゾーイのが好きだな

62 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 12:40 ID:a4wu2c5x
E・ブロンテの『嵐が丘』読んでる。
オモロイがちとタルイな。
キャサリンの造形がなんかドストのキャラみたいだな。

63 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 23:12 ID:MsPCa9OZ
アーニー.J.ゼリンスキー『働かないって、ワクワクしない?』でも
読んでなさいってこった。

64 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 23:30 ID:f39JZPsr
スティーブンキングの「ランゴリアーズ」は面白かったよ

65 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 23:46 ID:b+9m0F7B
>>56
正直読んでてちょっと疲れる。
訳がイマイチなのか、元々の文章がイマイチなのか。。。
英語が得意な人は原文で読んだ方が良いかも。
けど、臨場感があって、典型的アメリカ人と、ああ、アメリカってこういう国なんだよなぁ
と妙に納得するというか。いい意味でも悪い意味でも。
しばらくはTVでアメリカの高官のコメントとか見てても、ああ、、、あの世界か、みたいな
妙な親近感が湧いた。


66 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/27 23:51 ID:PMQFiOT5
>>64 テレビ化されてたお見たことある。けっこおもろかった。
>>59 スタンダール読みたい・・・
この板で・・・日本のでいうと宮本 輝がいいかな。

67 :とにかく就職:04/03/27 23:56 ID:exYyWFEZ
スペンサーシリーズで’チャンス’を読んでます。
このシリーズ、読むと元気になります。
主人公の性格が好きです。
あと、ローレンス・ブロックのアル中探偵も好きです。


68 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 00:17 ID:Na6OButy
大平光代 著の 「だからあなたも生きぬいて」

極道の妻から弁護士になった人の話。

俺の人生に影響は無かったけど、これを読んで大成する人もいると思います。

69 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 00:18 ID:31dQH2Ln
あと、キングで「図書館警察」も好きだな

70 :とにかく就職:04/03/28 00:48 ID:/77xb4Qr
キングのドリーム・キャッチャーはどうです。


71 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 01:32 ID:g+3eahAH
ばんばくん
筒井康隆の文学部教授なんとかは最高に面白かった。
七瀬サイコパス小説読んだけど、勝手に人の心をよんでプライバシーを侵しといて
冷静にジャッジするところが異様に腹立たしかった。
でも小説としてはよいでき。

72 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 01:41 ID:giT8JNM7
筒井の文学部唯野教授のエイズの扱い方は最悪だけどな。
思想・哲学の扱い方も最悪。
じゃいいとこないじゃん。

73 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 02:08 ID:k9qbrBld
そうだね

74 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 03:03 ID:g+3eahAH
でもユーモアのセンスは抜群

75 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 12:35 ID:M2KDeu7B
ゲーテとの対話 上下巻読むべし

76 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 16:03 ID:+MnzaSj6
最近読んだ本。

黒井千次 『働くということ』 (講談社現代新書)
清水正徳 『働くことの意味』 (岩波新書)
小浜逸郎 『人はなぜ働かなくてはならないのか』 (洋泉社)
中岡哲郎 『人間の労働と未来』 (中公新書)

77 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 17:06 ID:/go2wQGs
「フロイト先生のウソ」ロルフ・デーゲン 文春文庫
フロイトの精神分析や心理療法、心理学の周辺の常識を
批判した本。最初のほうの教育、メディア、広告などの
影響が世間の常識よりずっと小さいという主張には
「そんなわけねーだろ」とつっこんでしまう。また書いて
あることが矛盾していて一貫性がないように思われる
部分もありこの本自体かなりのウソを含んでいる気がするが
全体的には「ふーん、なるほど」と思う部分も多い。
心理学関係に興味がある人にはおすすめ出来る。

78 :ばんば ◆7WKa1uBABA :04/03/28 17:08 ID:KqxmVbg6
>>71
七瀬シリーズは筒井本人も書きたくないけど出版社、編集者の依頼でしょうがなく書いたらしいです。
おれも好きじゃないっす。

79 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 19:18 ID:ykD+zHpr
>>77
読みましたよ。
なんか宮崎哲也かだれかが推薦してたよね。

俺もあなたと全く同じ感想もちました。
なにもかもを批判しすぎて
一方的すぎるような感じがするけど
全体的には「ふーん、なるほど」と思う部分が多かったです。

っていうか今野球見てるんですけど
中井うざいですね。こいつじゃま。

80 :ANE ◆ANE/rxo25Y :04/03/28 20:13 ID:V1rxroUw
最近文庫も出たので、埴谷雄高の「死霊」講談社文芸文庫を読んでみて下さい。
一人で鬱々としてる時に読むと、さらに鬱々と出来る感じです。

81 :みゆきたん ◆triJDp8lE2 :04/03/28 20:59 ID:yz1909UO
>>80
長すぎますね、小説としてはw

スティーブ=エリクソンの彷徨える日々。。。お奨めなのでつ♪


82 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 22:07 ID:giT8JNM7
『死靈』『神聖喜劇』『レイテ戦記』『火山島』『万延元年のフットボール』
『奇蹟』『仮往生伝試文』『細雪』『我輩は猫である』『豊饒の海』

適当日本文学ベスト10順不同
『火山島』だけは読む気が起きないので読んでいない。文庫化してくれ…本デカ過ぎ&長すぎ

83 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/28 22:20 ID:+MnzaSj6
ダグラス・ケネディ 『仕事くれ。』 (新潮文庫)

84 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/29 19:42 ID:i2rXnft7
京極夏彦の「うぶめの夏」良かったよ

85 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/30 18:13 ID:IXAPMsDt
北一輝「日本改造法案大綱」
北一輝ってやっぱり凄いね!
同じ無職でも我々とは大違いだよ。
あたりまえだけど…

86 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 04:20 ID:SeF2ycmh
日本史でそんな名前を覚えたような覚えなかったような・・・

87 :たほいや:04/03/31 10:34 ID:ZWOwXGq4
近頃読んだ本
「華栄の丘」宮城谷昌光
「史上最低の作戦」宮嶋茂樹

自衛隊関係者のコミックライター不肖・宮嶋面白いね。
PKOのレボートやレンジャー訓練の従軍した話がコミカルみ書いてある。
単純な俺は防衛大行っときゃよかった、とすぐに乗せられるのであった。

88 :濾過一:04/03/31 10:42 ID:dXDMoXDd
>>85
ここんとこ、宮台が北一輝やたら評価してないか?

みんな、ミステリは読まないのかい?
俺は笠井潔の矢吹駆シリーズが好き。
『哲学者の密室』は、彼の探偵小説論がしっかり織り込まれてて、圧巻の内容。
ハイデガーとレヴィナスの思想も感触がつかめる傑作。

89 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 10:43 ID:g8dBZ2S4
お前らやっぱ馬鹿だ!!
読書なんて学生時代にするものだ。
大人になったらパチンコ、競馬、風俗、タバコ、酒

90 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 12:31 ID:nAq41dnI
唯野教授の文学講義の章はほぼ何かの文学解説書のコピペなんだよね
元ネタ見たときちょっとがっかりした

91 :72:04/03/31 12:40 ID:+5U4Brko
>>90
マヂでか?
よけー嫌いになったよ…
筒井自体は日本文学史に残る偉大な作家だとは思うけど、
あれは俺はどうにも大嫌いだったのだが…そうか…

92 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 14:34 ID:+0ev9Ev3
>>88
ミステリーは大好きです。
最近だとデイヴィッド・ハンドラーとシェイマス・スミスが良いと思います。
笠井潔は小品の「薔薇の女」が結構好きです。
「テロルの現象学」も面白かったです。
特に自己観念と党派観念の章は圧巻でした。

>>84
元ネタの「憑霊信仰論」も面白いですよ。
憑き物のくだりはほとんど丸写しです。

93 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 14:48 ID:i/czgCxL
村上春樹70年代三部作はヨカータ。
でも、その村上春樹の愛読書「グレート・ギャツビー」
(S.フィッツジェラルド)は正直つまらんかった。

94 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 18:27 ID:g8kRH8Jp
ちなみに面白そうな本を探すならこの三つが最強だと思う

http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

95 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 18:52 ID:tVJjQ5oe
レイ・ブラッドベリ『華氏451度』
読書好きには定番ですね

96 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 19:28 ID:7boGGUwS
この板の出世頭、イトヤマせんせーの名作はもう読んだかい?
俺はまだ読んでない。
っていうか売ってない。

97 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 19:33 ID:CrPTvAf1
>>95
 ブラッドべりなら『火星年代記』もいいね(これも定番)。
でも両作品に出てくる焚書、今の作家や作品ならどれが対象
になるのか、ちょっと考えてみたりもする。

98 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 20:18 ID:VfC83Skr
みんな結構読書家だねぇ。ダメじゃないんでねーのw

99 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 21:28 ID:WkVnrMgp
暇だからね

100 :名無しさん@毎日が日曜日:04/03/31 21:40 ID:J1nYkOhH
仕事する暇あったら、読書してるほうが実りある人生だと思うよ。

101 :85:04/03/31 23:27 ID:kfcae6q2
>>88
宮台真司が北一輝を評価してるなんて知らなかったよ!
ちょっと意外な感じがするね。
情報ありがとう!

102 :濾過一:04/04/01 13:28 ID:9I4DXPHK
>>92
笠井で『薔薇の女』を選ぶ人は少ないんじゃないかな・・・。
『テロルの現象学』、大学の時に読んで俺もすごいと思った。
もういちど読み直してみるべきかもしれない。
今ちょうど『ミネルヴァの梟は黄昏に飛び立つか?』読んでます。
笠井は最近エロゲーをやったりしてミス板では、生暖かい目で
見られているようですけどねw

そうか、そういえば村上春樹も『ライ麦畑』翻訳したんだよね。
俺はサリンジャーはグラース・サーガ(『ナイン・ストーリーズ』含む)が好きです。
村上春樹は『ダンス・ダンス・ダンス』までしか読んでないけど、
最近のはどうなんだろう?宮台はかなり批判してるようだけど。

ってことで、ようやく宮台。
>>101
あずまんのブログで知ったんだけどね。
アジア主義っていうの、言いたいことはわかるんだけど、俺もあずまんに同意して
宮台ヤヴァイって思っちゃう。



103 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/01 13:38 ID:1+gdMh3C
誰かグイン・サーガを全巻読破している
つわものはいますか?

104 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/01 14:20 ID:SAVyue3/
日本中で百人くらいしかいないんじゃないのw

105 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/01 14:34 ID:sEAJ7CT7
トルストイ「戦争と平和」
第一巻で早くも挫折しそう
アンナ・パーヴロヴナとか、舌噛みそうな名前ばっかなんだよなぁ

106 :濾過一:04/04/01 15:00 ID:9I4DXPHK
>>104
○ペよりは多いんじゃないの?w
でも、もう93巻まで行ってるのか。俺はアルド=ナリスがイシュトヴァーンから
姫(名前忘れた)を奪ってケコーンするあたりまで読んでた。工房の頃だよ。

栗本薫といえば、この前『ぼくらの時代』を読んでちょっと感動した。

107 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/01 15:01 ID:K8ttZ7YG
リアル鬼ごっこしかないですよ!
いや、もう信者とか関係なしに。

108 :名無しさん@毎日が日曜日:04/04/01 15:53 ID:L6DZ+1jf
脈絡もなく読書遍歴を書いてみる。
小説に初めて触れたのは小学5年生の頃。
ライトノベルの「フォーチュンクエスト」。結構わくわくしながら読んだのを覚えてる。
そこから栗本薫、新井素子、星新一とかファンタジー系?に進んで、
海外文学、純文学をわけも分からず読み散らかし、
最終的には歴史小説、時代小説にはまった。

そんな漏れが一番心に残っている作品「泣いた赤鬼」
今思い返しても胸がキューっとなるです。

109 :85:04/04/02 00:54 ID:WEGuv2Mj
>>102
確かに当時の処方箋がそのまま現代に有効とは思えないね。
ただ、北一輝という人物自体は非常に興味深い。
現代日本の思想家には無い魔力が感じられる…
残念ながら、宮台に勧められて読んでも大抵の若い人はヒクんじゃないかな。



22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)