5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【Project peko】2ch特化型サーバ構築作戦 Part8

344 :root ★:04/03/18 01:39 ID:???
901のディスクのファームは最新の純正版(0006)に戻せました。

ただし、Dell版のコマンドにより、ディスクの容量(キャパシティ)を
少なくされてしまっているようで、ディスクのおしまいのブロックがうまく読めません。
その影響で、/varと/homeが現在うまく読めない状態です。

FreeBSDのfdiskコマンドでジオメトリ情報を書き換えてみましたが、
効果ありませんでした。

pingが復活したのは、むりやり/varと/homeなしで上げてもらって、
sshを手で動かして私がチェックしたため。

いろいろ調べた結果、i386/Linux版のSeaTools Enterpriseの-Cオプションで
ファクトリデフォルトに容量を戻せると判明(下記)。

Usage: [-option] [variable] [device]
-d file firmware download
ex: st -d fwfile /dev/sga download firmware file
fwfile into /dev/sga
-C ### capacity change
ex: -C 1234567890 set high blocks to 1234567890 (zero
based)
ex: -C max change capacity to factory maximum
-B ### sector size change followed by a format
ex: -B 1024 change to 1024 bytes/sector

ということで、
・システムディスクを手持ちのスペアディスクに変更し、そこに一時的にLinux/i386を入れる
・上記完了後、私がログインして、SeaTools(正規ルートで入手済み)のLinux版でキャパシティを元に戻す
という手順を、トライする予定。

Jimさんは、今日夜(現地時間)にLiinuxインストールをトライするとのこと。

220 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)